本文へスキップ
大洲城天守復元へのあゆみ

平成6年

大洲城天守閣再建検討委員会発足(5月)

平成8年

同委員会で(故)宮上茂隆氏により木造による復元が可能との報告(5月)

史実に忠実な天守閣の復元を目指し、大洲城天守閣復元委員会と名称変更(7月)

平成9年

大洲城天守閣の外観模型が完成、市役所ロビーに展示(3月)

平成10年

大洲城跡内樹木現況調査及び整備予測調査完了

県指定史跡「大洲城跡」保存整備計画を策定

天守閣跡地地質調査完了

平成11年

天守閣跡発掘調査開始(〜平成12年1月まで)

基本設計が完了(3月)

本体工事概算費13億円、募金目標5億円に決定

募金活動、募木活動が本格始動

平成12年

御杣始め式を開催(1月)

第一次樹木整備(平成11年12月〜3月25日)

元禄五年大洲城絵図とジグソーパズルの販売開始

大洲城天守台石垣耐力度調査完了(9月)

発掘調査概要報告書の発行

平成13年

実施設計が完了

(財)日本建築センターによる防災、構造安全評価を取得

愛媛県による建築基準法第3条の適用認定

大洲城天守閣復元工事着工(〜平成16年7月30日まで)

御用木お披露目式の開催(9月)

石垣修復工事(5月〜8月)

第2次樹木整備(12月)

平成14年

起工式(2月)

基礎工事

素屋根工事

木材加工

木曳き式(6月)

瓦製作

平成15年

上棟式(4月)

瓦一枚運動

第3次樹木整備(3月)

付帯設備工事

平成16年

漆喰仕上げ

外構工事

竣工式(9月)

完成記念式典